市川納涼花火大会、有料席の素晴らしさに感動…の回



さてさて、前の続きだけど、割と独立した感じの今回の記事です。

市川納涼花火大会(江戸川区花火大会)、どうして2つ名前があるのか知ってますか?

この大会の花火は、東京都江戸川区側の江戸川河川敷で打ち上げるんだけど、川越しに千葉県市川市からもバッチリ見えるんです。でも、自治体が違うから、名前も会場も2つに分かれてるんです。2つの会場で、1つの花火を見るわけです。そして、有料席があるのは市川納涼花火大会。つまり、見るのは川越しの花火です。

2人用のペア席は、平面と斜面の2つの場所に分かれていて、平面のほうが より花火に近い場所にあって1シート10000円、斜面のほうは9000円でした。席の場所も良い感じだし、まだ行ったことない花火大会だし、2018年の花火はここに決定!!
斜面はけっこうな斜面ということだったのと、花火に近いほうが嬉しいので、平面を申し込みました。ネットからなら、6月20日の12時から申し込みができて、今回は開始からそんなに経ってないくらいに申し込みました。
当日、都営新宿線を使って本八幡駅まで、そこからバスで会場まで、というルートだったんだけど、都営新宿線の激混み具合にはビックリでした。乗るのに1本見送りました。みんな行くんだね、花火大会。

でも、9.5割が本八幡駅の1駅前の篠崎駅で下車。そう、こここそが江戸川区花火大会の最寄り駅なのです。みんな江戸川区から見るのか!人が多すぎてホームがあふれて、電車から降りられないような状況でした。きっと足立の花火みたいに、江戸川区側のほうが大きい花火が見られるんだろうなぁ。でもこの混雑は厳しいな。

市川にしてよかった!!と思いながら本八幡駅を降りると、今度はバスへの絶望的な行列が!この時点で時間は18時。ピークとかだったのかな。でも、係員さんがいっぱいいてきちんと整備されてるので嫌な感じはしなくて、バス会社がすごく頑張ってフルでバスを走らせてたおかげで15分くらいで乗れました。

道はあんまり調べてなかったけど、人の流れに乗っていったら会場に到着!有料席への案内板は全然なかったから、警備員さんに方向を聞いて歩いていったら、無事辿り着けました。

平面の席に行くまでに、斜面の席を通り抜けたんだけど、本っっっ当に斜面、急斜面でした。通路には滑り止めのついた板が渡してあるくらいです。見晴らしはいいだろうけど、座ってるのも疲れそう。1人500円ずつの加算で済むなら、平面を選んだほうがいいと思います。

そしてついた私たちの席からの眺めは、こんな感じ!



ゆったりー!!!!!

前にある板は、ペア席の前に配置されている4人席です。早めに申し込めたからか、ペア席の中でも一番前の場所になったのです!ほかのところより前にスペースがあってうれしかった!

そして、よく見ると向こうに屋形船の明かりが見えますね。川はほんとに目の前でした。

ちなみに時間は18時半頃。自由席はもうシートで埋まってて、警備員さんが「こちらにはもう場所がありませんので、別方向へ進んでください!」って言ってるくらいでした。場所取りの苦労から解放されたことと、有料席ならではのゆったり感に感動しました。

シートのサイズもちょうどよくて、二人分の荷物まで置けるくらい。シートの後ろの方に座れば、靴を履いていれば足を伸ばせました。くつろぎ度Maxです。持ってきたビールとお菓子も楽しく食べられました。

そしてメインはもちろん花火!では、選りすぐりの動画をどうぞ!!







文句ないですね。見えない部分が無かった。打ち上げ場所からはちょっと左寄りの位置だったけど、まったく残念な感じは無かった。

花火を打ち上げる「ボッ」っていう音までハッキリ聞こえる距離でした。カワサキは途中寝転んでみてました。それくらい近くて高くて、場所にもゆとりがありました。

しかもしかも、有料席のチケットで入れるスペース内には仮設トイレが設置してあって、混まない!よって、お酒飲むのが怖くない!!配慮が行き届いてるな~と思いました。

場所取りって、ねらい目の場所とか時間とか色んなことをリサーチした上で暑い中を出かけて行かなきゃいけないし、場所取ったあとどうするか考えなきゃいけないし、長時間だと浴衣が崩れる可能性が高まるし…という煩わしさが大きいけど、それがチケット取っちゃえば全部なくなりました。もう普通に場所取りできなくなりました、私。

ってカワサキに言ったら、「大変な思いして場所取りするより、1日バイトして有料席とったほうがいいでしょ」とのお言葉をいただきました。そうですね。その通りです。

来年からも、また席とって花火大会行こうね、ということになりました。どこにしようかなー!!

また検討段階でブログに書くかもしれないから、有料席に興味をもった人はまた来年エモトモエのブログ見に来てね。

以上。最終的には隅田川花火大会を屋形船で見たいエモトモエでした。
おしまい

「市川納涼花火大会、有料席の素晴らしさに感動…の回」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。