カワサキアキ(エモトヒロ)との結婚について

初夏とは何のことやら。すでに暴力的な暑さと日差しがやって来たね。引っ越し後も何かと忙しいエモトモエです。


さて、本日2019年5月22日。私はヌレセパ曲担当カワサキアキと結婚しました。


(これを機に、カワサキアキはエモトヒロに改名します。夫婦っぽく、ね!そして今後は「ヒロ」呼びを定着させるつもりだけど、この記事までは、最後に親しみを込めてカワサキと呼ぶことにします。)


本当に、例えば3年前とかの自分からするとあり得ない事態であって、もう事件であって、信じられないことなんだけど、状況があんまり上手に運ばれていくもんだから、最初から仕組まれていたことのような気持ちにもなっています…。

ちなみになぜこのタイミングなのかと言うと、一緒に住んで1年経ったからです。1年以上、ただの同棲を続けるつもりはなかったからです。なぜ約1年前に一緒に住んだのかと言うと、それはカワサキがお友達とシェアしてたお部屋の更新が近づいてたから、そしてそのルームシェアが解消になったからです。結婚のタイミングって、流れだ。


二人でヌレセパとしてやってきて、これからもヌレセパをやっていく以上、私たちの今迄やこれからに「ヌレセパ」が密に関わってくるわけだけど、切っても切れないわけだけど、私たちの全部を「ヌレセパ」と「プライベート」の2つに分けて考えるなら、結婚は完全に「プライベート」で決めたことです。当然なんだけどね。

ただ、当初「ヌレセパ曲担当」として完璧だ、素晴らしい曲を書く人だ!としか考えていなかった人物と、同じ苗字になって、お揃いの指輪をして、ずっと一緒に生きていくなんて奇妙だなぁって思います。

お互いを恋人として認識するようになったり、一緒に住むことになったり、そういう節目には、「本当に良いんだろうか?もしここでヒビが入ったら、ヌレセパに影響が出てしまうのでは?」と不安が過ったのは事実だけど、こういう形にまとまった今は、最善の選択をして来れたんだと思ってます。

いや、選択を後悔する結果にしないために、努力も重ねてきたつもりです。過去の人間関係の考察をフル活用です。伊達に悩んできたわけじゃないぞと。

そういう風に神経質に、壊さないようにって思えたことは、「ヌレセパ」ももちろんだけど、カワサキという人間を本当に大切に思っている証拠なんだよねえ。


そういう努力をこれからも積み重ねながら、自分にとってのカワサキと、カワサキにとっての自分を、大切に過ごしていけたらいいなと思います。

私にとっての結婚は、必ずしも子供産んで愛のある家庭を作ること!とかではなくて、とにかく、選んだ人と仲良く楽しく最後まで生きていくことなので。そして私たちにはヌレセパの活動がみっちりと絡みついているので。

これからも仲良く、ヌレセパの活動に励んでいきたいと思っています。夫婦になった私たちを、どうぞよろしくお願いします!




おしまい