行っとこっかキューバ①準備編

どうも、近頃浮かれ気味・疲れ気味のエモトモエです。本当に色々あるんです。色々は、なぜか一気に来るものなんだよね。


そういえば私、5月末で、高校卒業後から勤めていた会社を退職しました。厳密に言うと転職したんだけど、それについては、また改めてね。

そんなわけで6月の時間が有り余る私。先月入籍したし、これは・・・旅行チャンス!新婚旅行、行きたい!!!!!


ということでヒロさん(=旧カワサキアキ。少しずつ慣れていこう。)に仕事の調整をしてもらうと、7日間のお休みを確保できました。行先は、あんまり悩まずキューバに決定。

なぜ、キューバ・・・?

って思ったでしょう。私もうまく言えない。でも、最大のきっかけになったのは、オードリーの若林さんが書いた本です。



いわゆる旅行記。いや、エッセイかな?

ヒロさんがこの本を買ってて、読み終わった後に貸してもらって私も読んだんです。で、単純に「へぇ~、面白そうねキューバ」って思ったんです。それが動機です。

新婚旅行って、パリとかロサンゼルスとかおしゃれな所に行くものなのかもしれないけど、私たちはそういう定番の外国じゃなくて、せっかっくなら変なところに行ってみたいんです。そしてキューバは、街全体が世界遺産のように古き良き建設物や生活感に溢れているけど、これからは様子がどんどん変わっていくんじゃないかと言われている国、らしい。

そんな感じで、7日あれば(実際には8日目の朝に帰ってくるスケジュールだけど)足りそうだし、行っとこっかキューバ、となったんです。

ちなみにキューバの公用語はスペイン語らしいけど、英語もまともにできない海外2度目の私たちです。人に話すとすごく心配されます。無事帰ってきてみせるからね…!!!

ツーリストカードと海外旅行保険証明書をGETする

私たちは旅行会社経由とかではなくて、自分たちで航空券と宿を手配しました。そうすると、ほかにも自力で、絶対に用意しないといけないものがあるらしいんです。

それが、ツーリストカード海外旅行保険証明書

どっちも、観光目的でキューバに入国する時に必須なんだそうです。

ツーリストカード=観光ビサ。ビザって何!?って感じなんだけど、とりあえず取得さえできれば、「入国するために必要なもの」ってくらいの認識でも問題はなさそうです。

ツーリストカードの取得方法は、キューバ大使館領事部のHPから見られます。結構面倒だから、早目にチェックしたほうが吉!



私たちは、キューバ大使館領事部まで直接出向くことにしたので、

①手数料である2100円を指定の口座に振り込む
②振込に使った銀行のホームページから振込明細票を印刷する
③キューバ初日に宿泊するホテルor民泊の予約確認を印刷する
④往復航空券の予約確認書(eチケットでOKだった)を印刷する
⑤パスポートの顔写真のページを印刷する
⑥5cm×5cmの顔写真を用意する
⑦領事部HPから申請書(VISA APPLICATION FORM)を印刷する
⑧ ⑦に署名して、⑥の顔写真を貼る

という作業を家でこなしました。CD自主制作のために買ったプリンターが大活躍です。

当日は、②③④⑤⑧とパスポート原本を用意して赤羽橋近くにあるキューバ大使館領事部に行き、窓口の説明通りに資料をまとめて提出すると、係の人が処理してくれるので、ちょっと待つだけでツーリストカードが手に入りました!

ちなみに窓口が開いているは平日の9時半から12時まで、受付は11時45分までみたいです。


そして海外旅行保険証明書は「キューバでの医療費をカバーする保険に入ってるよー」っていう証明書。つまりそういう保険に入らなきゃキューバには入国できないってことらしい…。

これは手持ちのクレジットカードに「海外旅行保険」がついてるか確認して、もしついてるならカード会社の保険窓口とかに電話すると郵送してもらえるみたいです。窓口が分からなければ、総合の問い合わせ窓口で聞いちゃうのが早い。私が電話したアメックスカードの窓口はとっても親切でした。

カードに保険がついてなければ、どこかで加入して、同じように証明書をくださいって電話かネットで申し込むかすればもらえるようです。

アエロメヒコとマイルとクレカ

私たちが予約したのは、成田空港からメキシコ、メキシコからキューバという経路の、アエロメヒコ航空のチケットです。安かった!

父親に、「キューバに行くんだ」と話したら、「マイルが結構貯まるんじゃない?」と言われて、ほぼ初めてマイルの存在を意識しました。

ということで、アエロメヒコ航空で貯まるマイルを調べてみたら、そのうちのデルタ航空のスカイマイルというのが使いやすそうでした。

でも成田からキューバじゃ8000マイルくらいしか貯まらなくて、交換できる航空券はソウルへの片道切符とかって感じでした。しかも、指定のクレジットカードを持ってないと交換できないらしい…うーん、普段からマイルを貯めてる人じゃないと、あんまり良くない!

そんな感じなので、今回のフライトだけでマイルを獲得してお得に使おう!とか考えるのは、やめました。。。


そうやって色々調べてみた結果、私は「デルタスカイマイルゴールドカード」(年会費27,000円+税)というのを発行しました(突然の展開)。

紹介キャンペーンにはカード発行と利用特典でマイルがついてくるから、利用特典条件をクリアできるなら年会費分はカバーできる計算でした。

そして、マイルがちょっと貯まりやすくなることとか、上に書いた「海外旅行保険」がついていることとか、「ゴールドメダリオン」っていういかつい会員資格が1年間ついてきて、それによって空港で行列に並ばずに済む「優先チェックイン」、成田・メキシコの空港にある「ラウンジ無料利用(同伴者1人までOK)」というような待遇を受けられるのが魅力的でした。

初めての空港でのチェックインは不安が大きくて、乗り遅れないかとハラハラするのはメンタルに悪いので、優先チェックインがあったらちょっと余裕ができそうです。

そして、今回のフライトはメキシコでの待ち時間がえぐいんだけど、ヘタにうろうろするのも怖いから、ラウンジで過ごせたらすごくいいな~と。お酒も置いてあるみたいだし…!!!

損はしない計算だし、少しでも平穏な旅にするために、お守りみたいな感じで持っていくことにします。

他にも色んな特典があったので、キューバに行ったりアエロメヒコ航空の飛行機に乗る予定がある人は、検索して調べてみるといいと思います。

宿泊予約・オーナーさんとやり取り

往復航空券と泊まる場所は、それぞれ「じゃらん」と「Airbnb,Expedia」で手配しました。

Airbnbっていうのは民泊を予約できるサイトです。せっかくだから異国の家庭を体験してみたくて、最初の3泊は民泊(キューバでは「カサ」と呼ぶらしい)にしてみました。ホテルの値段と比べると駄菓子みたいに安いところもとても良い。

予約した後は、泊まる部屋のオーナーさんとメッセージのやり取りができるんだけど、そこで「『Maps.me』っていうアプリをインストールしておくといいよ!ここに来る人はだいたい使ってるよ!」と教えてもらいました。調べてみると、オフラインで現在位置まで特定できるマップアプリらしい!絶対あったほうがいいので、すぐインストールして、キューバの地図をダウンロードしておきました。

そして、「空港についたら部屋までタクシーを手配できるよ!」と言うので、それもお願いしました。これで、初日の寝床までの脚は確保できたわけです。こうなったら、少し不安が落ち着いてきました。

ちなみに、オーナーさんとのやり取りは英語でした。google翻訳を駆使しました。意思疎通ができると、なんかデキる人になった気持ちになります。

オフライン対策

キューバはネットが使えない国らしいです。海外旅行用のWi-Fiレンタルにキューバ対応のものはないみたいだし、現地のネットにつなぐためにはコードが記載されたカードを購入しなきゃいけないみたい。そしてそれを購入しても、ネットの繋がる場所が限られていて、繋がっても回線が混んでいるので快適ではないとか…。

そんなわけで、キューバのオフライン用マップをダウンロードしたみたいに、事前の対策が必須になりそうです。

とりあえず、google翻訳をインストールして、日本語と英語とスペイン語はオフラインで翻訳できるようにダウンロードして、「地球の歩き方」を買いました。

あとは、気になる情報とか役に立ちそうな情報を小さくプリントアウトして持っていこうかなと思ってます。

準備はできたっぽい…?

ここまでで、とりあえずキューバに入国・滞在するための最低限のものは用意できたことになるらしいです。しかし未知すぎて不安です。でも、同じくらい楽しみです。

キューバから帰ってきたら、またブログにレポートを書こうと思っているので、待っててね。




おしまい

「行っとこっかキューバ①準備編」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。