平成生まれの寡黙OLが昭和アットホーム企業で働く

奇妙な外出と内輪ノリ―平成寡黙OL@昭和アットホーム企業

平成生まれの寡黙OLが昭和アットホーム企業で働く

勤務時間中に…中小企業あるある?

「どこどこに行ってきます」「行ってらっしゃい」

「戻りました」「おかえりなさい」

何かと外出の多い昭和アットホーム企業では毎日挨拶が飛び交っている。

寡黙IT企業にいた時の私は、自分が外出をすることは0に等しく、誰かが席を外す時にも声を掛けられることはほとんどなかったと思う。

電話を取り継ごうと席を見やると姿がなく、Outlookの予定表を確認して「あ、会議中だな」と分かるような、コミュニケーションレスな状況に慣れてしまっていた。

そんな私でも、やり取りが盛んな周りに合わせて声を出すうちに、お昼の休憩で外に出るときも「休憩いただきま~す、行ってきま~す」などと言いながらフロアを去れるようになっている。

その日も、伊東さんが身支度をして席を立ち、社長含むフロアのメンバーに外出を告げた。

「ちょっと歯医者行ってきます」

「行ってらっしゃ~い」

もちろん勤務時間中のことだ。歯医者に?今?みんな普通に送り出してるし。え、日常…?

その場では他に合わせて「行ってらっしゃい」と送り出したが、「歯医者に行ってくる」と家族以外に伝えるというのは、私にとっては奇妙なシーンだったので、少し面白く思ってしまった。

しばらく過ごしてみると、このように気軽に病院などに出掛ける人というのは、社長と、伊東さんと、藤森さんに固定されているようだ。

行先は、歯医者、病院、美容院、クリーニング店、リハビリなど。もちろん出掛ける前に、「○○行ってきまーす」などとオープンに宣言して行く。みんなも自然に送り出す。私は再び思うのである。「家族かよ」と。

ちなみに社長が床屋に行くときは、藤森さんを3発殴ってから出かけるらしい。3発、サンパツ、散髪。・・・。

内輪ノリとニックネーム

ところで、社長と藤森さんは「やぶ医者行ってきます」と出て行くことが時々ある。私から質問してはいないのだが、社長が「薬の名前を言うとくれる病院があるんだよ」と教えてくれた。

このように、昭和アットホーム企業―特に社長・藤森さん・副社長・柴田さんの会話の中では、どこかや誰かを指すとき、仲間内でしか使わないニックネームや指示語が用いられていることが多い。

名前をモジったものなら可愛いが、色黒だから”日サロ”とか、単純な悪口である”ばばあ”とか”あの馬鹿野郎”とか、聞いていて気持ちのよくないものもある。

そういう呼び方をしているときは、だいたい陰口や詮索で盛り上がっているときだ。勘のいい人なら推測できると思うが、昭和アットホーム企業にはそういった陰口や悪口が多い。

「○○らしいよ」「○○だったりして(笑)」

そんな中学生みたいなことを言いながら、誰かをネタにして笑っているところを見ると、私も自分がいない時には同じような扱いをされているんだろうなと思う。

悲しいことに、彼らの会話を聞きすぎて、私は私の中の彼らにものを喋らせることができるようになっている。もし私が言われているとしたらこうだろうか

「あのネクラ、若いのにテンション低いし雰囲気硬いしほんと変わってるよな」

「ですね~、でもまあ結婚できてるんですからそこそこいい女ってことなんじゃないですか?」

「夜だけは?」

「ワハハハハハハ」

締めの宣伝

ここからは、ネクラ改め”めおとロックバンド”ヌレセパのキュートな歌担当エモトモエが前のめりで宣伝する時間だ。今回紹介するのはMVごっこナンバー005、『カサブランカ』。淡い恋愛をうっとりと歌うロマンチックな1曲だ。歌いだし通り「パリにいるような気持ち」になってもらえたらうれしい。