平成生まれの寡黙OLが昭和アットホーム企業で働く

肩を回す時はね…(n回目)―平成寡黙OL@昭和アットホーム企業

平成生まれの寡黙OLが昭和アットホーム企業で働く

なんでもいいから喋りたい

アットホームな雰囲気に飲み込まれて疲弊することを防ぐために、勤務中の私は寡黙なキャラクターを貫いている。社長や柴田さん、藤森さんの間では活発に雑談が発生するし、副社長と蜜さんも毎日何かしら仕事に関係のない話をしているが、私はキャラ設定が功を奏し、黙々と画面を見つめている。

しかし、藤森さんも柴田さんも席にいない時、社長は私と話したそうにしているように見える。いつも誰かと喋っていないと寂しいタイプなのかもしれない。

私は昔から肩こりが酷くて、仕事中によく首を回したり、ひねってバキバキいわせたりしている。通路を挟んで斜めに向かい合う形に座っている社長はその様子が気になるらしく、寡黙OLである私の唯一の切り口と判断したようだ。

「エモトさん少し歩いてきたらどう?肩も回した方がいいよ」

午後、私以外に話し相手がいないと、ふいにそう言って笑うようになった。

私は「そうですね」と言う以外に何もうまい切り返しが思い浮かばず、いつもふわふわとしたやり取りになってしまう。それでも社長はちょっと笑いながら続ける。

「肩を回す時はね、腕を伸ばさない方がいいんだよ。こうやって、肘を上げて指先を肩につけてね…」

お手本付きで説明してくれるので、私も真似してゆっくり肩を回す。「そうそう」と、社長はちょっと嬉しそうな顔をする。私もへへっと笑ってみるが、それ以上の発展はなく、その時間はいつもふわっと終わる。

腕を伸ばした状態で肩を回すと、余計に肩に負担がかかってよくないらしい。だから、”元気もりもり”みたいなポーズから指先を肩につけた状態にして、肘をぐるぐると回すようにするのが効果的なのだとか。

私はこの説明を、少なくとも3回は聞いている。それでも毎回、へぇ~というようなリアクションをして、社長のジェスチャーにならって肘をぐるぐるとしてみる。

それを見ている副社長も、いつからか私に「ちょっと休憩して首伸ばせよ~(笑)」などと声を掛けてくるようになった。今や、この二人から私に振られる雑談のほとんどの導入口は、私の肩こりである。その都度、私は肩や首を回し、背伸びをして見せたりする。

もう、こういう人たちって、何を話したかとか関係ないのかもな、と私は思った。今、誰かと何かかしらを喋っているということ、それ自体が楽しくてうれしいんだな、と。

この記事を書いている今日は雨の日だ。副社長がちょっと笑って私に何かを話しかけたのだが、声が小さくて聞き取れなかった。しかし、目星はついている。私は身体を伸ばしながら言った。

「雨の日は身体の痛みが増長されるんだって、整体の人が言ってました」

「そうだな、気圧の関係とかでな。腰痛持ちの人とかは、雨の日はすごく痛いらしいよ」

ほらやっぱり。少し面白くなった私は、”今日は肩こりのことを書こう”と決めたのだ。

締めの宣伝

amazonで2000円くらいで買った猫背矯正サポーターのおかげで酷い肩こりは解消されたので、同じように悩んでいる人は検討してみてほしい。違う商品の宣伝をしてしまったが、今回も”めおとロックバンド”ヌレセパのMVごっこ紹介は欠かさない。

今回紹介するのは㎹ごっこナンバー013『整った!』。”整う”という言葉の意味を知らない人は、曲中に説明があるのでとりあえず聞いてほしい。静岡にあるサウナ好きの聖地『サウナしきじ』に行ったとき、帰宅してすぐ勢いで制作した曲だ。

現段階でのヌレセパではコール&レスポンスがある唯一の曲ということもあり、YouTubeにコメントしていただいたように「ライブで聴きたい」歌になっている。いつかサウナでオーディエンスを入れて演りたいので、たくさん聴いて覚えておいてほしい。なんつって。