〈007〉普通の一日、半端なエンド

MVごっこNo. 007
公開日 2017/11/19
撮影場所 Seoul,Korea

歌詞を見る

収録アルバム

いきさつ

楽曲制作について
“MPB”と呼ばれるブラジルのポピュラーミュージックのジャンルがありまして、2015年ぐらいからずっとよく聞いています。
(聴いたことない人はエリス・レジーナ、ジョルジ・ベンとかを調べてみて下さい。お勧め!)

ちょうどMPBを知った頃Apple Musicを導入したのでブラジルの音楽ですが新しい曲が探しやすくハマりました。この曲はその影響。

動画制作について
海外旅行の計画が立ち、1番安かった韓国への旅行に決まりました。

せっかくだからMVごっこができたらいいねーと言って、撮影用のアイテムを持っていったらああなりました。

がんばったところ

楽曲制作について
今まで作ったことないジャンルを取り入れたのでアレンジは全体的に試行錯誤しながらだった。

動画制作について
ほぼノープランで行ったので後の編集が大変でした。

チマチョゴリを着たいというイメージはあったものの、当日は雪が降るほど寒くて凍える思いをしました。

よかったこと

楽曲制作について
全体的に好き。

クイーカ(イントロとかでウホウホ言っている楽器)を入れたのも楽しかった。

余談ですがクイーカって「打楽器についている棒を濡れた糸で擦る」ことで音が鳴る楽器なんですけど、なんかバカバカしくて良くないですか?

動画制作について
初めての旅行の思い出を映像として残せたこと…!

〈006〉インドア派

MVごっこNo. 006
公開日 2017/11/19
撮影場所 エモトモエの部屋

歌詞を見る

収録アルバム

いきさつ

楽曲制作について
インドア派なので。

動画制作について
ゲームしてるだけで幸せなんだものという歌詞から、アイロンビーズで文字を制作するという考えに至ってしまったこと。。。

がんばったところ

楽曲制作について
歌詞の微調整。

モエもインドア派なので彼女のインドア派エピソードを参考にしつつ書き換えたりした。

動画制作について
小物制作のためには想像以上に大量のアイロンビーズと時間・気力が必要で、絶望しながらも地道に頑張りました。

よかったこと

楽曲制作について
ポップな曲ができた。

たまにはこういう馬鹿っぽいガレージロックも良いよね。

動画制作について
このMVの撮影からスタビライザーという新しい機材を導入したので画面が切り替わりがなめらかになったこと。

〈005〉カサブランカ

MVごっこNo. 005
公開日 2017/07/08
撮影場所 自由ヶ丘

歌詞を見る

収録アルバム

いきさつ

楽曲制作について
「エンド・オブザ・ワールド」、「オンリー・ユー」などスタンダードな6/8のバラードが好きなので目指して作りました。

動画制作について
パリにいるようなという歌詞から異国情緒あふれる場所を探してロケ地に決定しました。

夢を見ているような雰囲気にしたかったので髪を巻きたかったですが、自分では巻き髪ができないので美容院にいきました。

がんばったところ

楽曲制作について
詞曲はスタンダードを目指して作りましたがアレンジもそのままだと2010年代には寂しいかと思いなるべく派手にした。

その塩梅に手を焼いた。

動画制作について
フォトジェニックな場所なので写真を撮りたい人達がたくさんいて画面に映りこんでしまう。

人がいない瞬間を見計らって撮影しなければいけなかったのが大変でした。

よかったこと

楽曲制作について
カスタネットがよい。

動画制作について
衣装として着てるワンピースはメルカリで探したものなのですが、フランスでの新婚旅行で買ったというワンピースを譲っていただけたのが個人的に素敵な気持ちになりました。

〈004〉サンデイモーニング

MVごっこNo. 004
公開日 2017/06/11
撮影場所 エモトヒロの自宅など

歌詞を見る

収録アルバム

いきさつ

楽曲制作について
90’sアメリカのインディーズバンドというイメージ。

動画制作について
第一に「金髪になって」と言われたので、ヒロとの長きに渡る会議の末今のMVのスタイルになりました。

がんばったところ

楽曲制作について
最初から曲全体の完成形のイメージがはっきりあったのですんなりできました。

動画制作について
ほぼ全部です。構成、場所探し、衣装探し、編集…。あと初めての”ああいう”メイクも。

よかったこと

楽曲制作について
ボーカルを重ねると良い感じになるという発見をしました。

今後も多用するでしょう。

動画制作について
全体的に撮影がすごく楽しかったこと。

ビールが飲めるようになったこと。

〈003〉引っ越しラプソディ

MVごっこNo. 003
公開日 2017/05/04
撮影場所 近所のカラオケ

歌詞を見る

収録アルバム

いきさつ

楽曲制作について
曲を作った当時引越しを検討していたことから歌詞ができました。

間取りとか見ながらあれこれ検討するのってチョー楽しいよね。

動画制作について
ヒロがこんなリリックビデオがあると歌詞の書かれたスケッチブックをめくるタイプの動画を見せてくれて、小さいブロックとかに文字を書いたらどうかと提案されたので取り組んでみたら、複雑なことになってしまいました。

がんばったところ

楽曲制作について
歌の音域が広くなってしまい、モエの音域に合わせて後からメロディを変更した。

動画制作について
地獄の小物制作・撮影。2017年のGWは全てこれに飲み込まれた。。。

指が真っ黒になりながらも、ひとつひとつ手書きで文字を入れました。

撮影当日、本当はリハーサルのはずだったけど、調子が出てきて急きょ本番撮影に切り替えたので、全部で7時間近くかかりました。

よかったこと

楽曲制作について
基本的にイギリスの90〜00前半ぐらいのガレージロックの雰囲気を目指し、そこにアコギを加えるとモエの声とのバランスが良くなるということを発見した。

動画制作について
「歩けば3分」から「走れば90秒」への遷移を思い付いたせいで、後の全てをかっこよく入れ替えなければいけないという使命感にかられたのですが、逆にそこがお気に入りポイント。

Bメロの歌詞に入るとき部屋っぽくしたかったので自分で個室っぽい背景を作成して後ろに立てたところもお気に入りです。

〈002〉心を見てほしい

MVごっこNo. 002
公開日 2017/04/23
撮影場所 ふなばしアンデルセン公園

歌詞を見る

収録アルバム

いきさつ

楽曲制作について
ヌレセパの活動が本格的になり始めた頃、「せっかく女性がボーカルなのだからそれらしいものを」と思いフランスギャルをはじめとするゲンズブールのポップスを意識して作りました。

動画制作について
白いワンピを着たいですよねと二人の意見が一致し、風車がある公園がありますよ、と私が提案したことによりロケ地も決定。

人形を持って映ることはヒロのこだわりでした。


がんばったところ

楽曲制作について
つたない感じで歌ってほしかったので、モエにはデモを予め聞かせず初めて曲を聴いた当日に歌ってもらった。

結果狙い通りで良い曲ができたけどこれは私の頑張ったことではなくモエが頑張ったことだな…。

動画制作について
撮影当日、天気は良かったものの風が強く、つばの広い帽子が何度も飛んでしまって大変だった。

また映像の編集について、ヒロの「もわっとさせたい」というリクエストを具体的に解明するのに時間がかかりました。

よかったこと

楽曲制作について
ギターソロ終わりのジャラ〜ンというフレーズで初めて自作曲においてギターのアームを使いました。

楽しい。

動画制作について
映画チックな加工をしてみたこと。
初めてのソフトを使って字幕をいれたこと。
素敵なフリーフォントが見つかったこと。

曲についてはイントロの「でぇんでん」というギターが好き。

〈001〉そんな時にはシャンソンを

MVごっこNo. 001
公開日 2017/03/25
撮影場所 葛西臨海公園など

歌詞を見る

収録アルバム

いきさつ

楽曲制作について
この曲を作っているときはまだヌレセパという名前もついてなくて互いに探り探りの状態でした。

そしてこの曲が出来上がって初のMVごっこも完成した時、活動を続けていけば面白いことになりそうだと思った覚えがあります。

動画制作について
「テスト期間なのに登校中に電車を途中下車して公園で遊んじゃう女子大生」という構想を立てて相談したところGOサインをいただいたので、決行しました。

がんばったところ

楽曲制作について
イントロのリードギターが弾けずに何十回もやり直した。

曲のキーをエモトモエの音域に合わせると、フレーズがハイポジションになってしまい止むを得ずそうなった。

作詞作曲は好きですが、楽器の演奏自体はそこまで好きでもなく苦手なので苦労することが多いです。

動画制作について
まだ会うのが3、4回目という撮影だったので、撮影中ちょっと気まずかったです。

よかったこと

楽曲制作について
全体的に気に入っています。

この曲自体は2013年頃作ったものでヌレセパを結成するよりかなり前からあったのですが、エモトモエが歌うことで良い感じに収まりました。

作った当時の私のお気楽な感じ、もっと言うと強引にお気楽でいようとする感じがよく出ている。

動画制作について
撮影のためという名目でホットドッグとチュロスとソフトクリームを食べれた。

エモトヒロが撮影後、たくさんお金を使わせてしまったのでと、マックスコーヒーを買ってくれた。